知らないと怖い!珊瑚情報

珊瑚にまつわる法律

珊瑚にまつわる法律 法律で日本の珊瑚で造礁サンゴ(ハードコーラル)類は自然公園法、漁業調整規則、漁業権によって実質的に保護されています。
日本全国の海岸は国有財産であるため例え死骸のサンゴや貝殻、砂もでも拾ってはいけません。
よって自生している珊瑚は採捕が禁止で折れて海域に落ちているもので(生死は問わず)、原形をとどめているもの(砂状、れき状、石状等の死サンゴは除く)も採捕禁止になります。
天然のサンゴは購入することができず養殖のものだけになります。
その為サンゴを買取ってもらう場合天然のものは密漁品の疑いがあるので断られとされます。
しかし食用の漁業において、伊勢海老の刺し網やそこ引き網などで必然的に掛かってしまうサンゴが大量にありそれらは漁業系廃棄物になる為海中や港に捨てることは原則として禁止になっているため、本来ならハードコーラルを保護せねばならないのに漁港付近で焼却処分するしかないという事態になってしまう為何かしらの方法で処分を避けることが模索されています。

思い出に珊瑚を持ち帰るのはNG

思い出に珊瑚を持ち帰るのはNG 昔と比べると海の温度が上昇したり汚染されたことが原因によって、珊瑚の数が減り、貴重なものだとされています。
日本では沖縄など海が綺麗な場所では珊瑚を見ることができますし、海岸などに打ち上げられたものを発見することがあります。
ただ、打ち上げられて落ちたままの状態になっている珊瑚でも、国の所有物ですから、思い出として持ち帰ることは禁止されています。
思い出だからと一人が持ち帰ってしまったら、多くの人が持ち帰ろうとしてしまいます。
国のものであり、自然のものですから、マナーを守って持ち帰ることはないように気を付けましょう。
もちろん、落ちているものを持ち帰ることは駄目ですが、販売されているものを購入して、お土産にすることは可能です。
自宅に持ち帰って飾っていた珊瑚ですが、途中で必要がなくなってしまうことがあります。
そんなときは捨てるのではなく、買取りをしてもらうとよいでしょう。
年々、貴重になっていますから、古いものでも状態が良ければ買取ってもらうことができます。