知らないと怖い!珊瑚情報

宝石の買取も珊瑚の買取も基本の考え方は一緒

宝石の買取も珊瑚の買取も基本の考え方は一緒 宝石や珊瑚は、アクセサリーに飾りとして付いており、どのような種類の物が付いているかでアクセサリーの価値が変わってきます。
珊瑚は、その色艶や大きさなどによる評価が決まり、宝石も同じように原石の種類や大きさカットの複雑さなどで決まってきます。
いずれの買取も査定の基準は似ており、鑑定士によって評価をしてもらい、その価値を出してもらいます。
買取の考え方は一緒ですので、ユーザーは高く売りたいのであれば、珊瑚の評価される要素を知り、保存や手入れを適切に行っていきます。
宝石や珊瑚の買取の考え方が同じという事は、高くで買い取ってもらえる要素が似ていますので、希少価値の高い物は必然的に高くなってきます。
アクセサリーとしては、指輪やネックレスなど様々な物がありますが、アクセサリーの種類によっても査定額は変わってくる事があります。
飾りの品質が高いアクセサリーは、中古市場においても大変人気が高いですので、査定限度額が高めに設定されている事が多いです。
積極的に店に持ち込んで査定してもらうと良いでしょう。

珊瑚の見分け方

珊瑚の見分け方 高級宝石の一つである珊瑚ですが、その美しさのあまり偽物も市場に多く出回っているので、買取の際は本物かどうかをしっかりと見極めることが重要になります。
偽物の珊瑚は、樹脂やプラスチック、海竹やガラスなどで作られていることが多く、触った感触や質感が本物とは大きく違ってくるので、誰でも見極めることができます。
最も簡単な見分け方として火で炙る方法があり、偽物は表面の染料が溶け始めて燃えてしまうのに対して、本物であれば燃えることはないので、簡単に見分けることができます。
珊瑚を火で炙る際の注意点としては、熱を与え過ぎると表面にヒビが入ってしまう恐れもあるので、加減することが大切になります。
また、偽物には表面の模様に不自然な線があったり、無機質に見えるものもあったりするので、10倍以上のルーペでよく観察してみることも見分け方の一つになります。
珊瑚は高価な宝石であり、本物と偽物をしっかりと見分けることができれば高値で売却することができるので、持っている人は買取を考えてみるのもおすすめです。